日本経済史用語集

※本ページは基本的に以下の資料を参考にしています。ただし、当然間違いなどもあると思うので、利用については自己責任でお願いいたします
また、ご指摘いただければ修正しますので助かります。

欧米経済史用語集 としてご利用ください。

[更新中 2019/7/30]

 

欧米経済史用語集 参考文献



 

 

概説日本経済史 東京大学出版

 

日本経済史用語集

あいうえお順、時代区分はおおまかです
経済史的意義については順次更新予定

 

No. 単語 経済史的意義(省略多数) 関連
1 IMF
2 IMF=GATT体制 IMF、GATT
3 ITバブル
4 あおぞら銀行
5 赤字公債
6 浅野
7 アジア通貨危機
8 アジアNIEs
9 芦田均内閣
10 有沢広巳 傾斜生産方式
11 鞍山製鉄所
12 池貝鉄工所
13 いざなぎ景気 高度経済成長期の景気変動について
14 石橋財政
15 市来乙彦
16 一分銀 幕末の開港の影響について
17 犬養毅内閣
18 井上財政 井上財政について
19 井上準之助 井上財政
20 岩崎小弥太
21 岩崎弥太郎
22 岩崎弥之助
23 岩戸景気 高度経済成長期の景気変動について
24 インフレーション 松方財政の内容と意義について
戦後インフレーションの対応について
松方財政
25 売りオペレーション 高橋財政
26 エクイティファイナンス
27 エドワーズ調査団 財閥解体の意義について
28 NSC文書
29 エネルギー革命
30 FEC230文書 NSC文書
31 エロア
32 袁世凱
33 円転換規制
34 円ブロック 各国のブロック経済について
35 遠洋航路補助法 近代産業発達期の産業成長について
36 OAPEC
37 OECD IMF
38 オイルショック
39 大隈財政
40 大倉
41 大阪商船会社
42 大島道太郎
43 岡田啓介内閣
44 オタワ会議 各国のブロック経済について
45 小野組
46 小渕恵三内閣
47 海軍工廠
48 会計基立金
49 外国為替及外国貿易管理法 外資法
50 外国為替管理法
51 外債・外資輸入
52 外資法 外国為替及外国貿易管理法
53 会社経理応急措置法 石橋財政
54 会社主義
55 会社証券保有制限令 財閥解体の意義について
56 会社法 金融商品取引法
57 海部俊樹内閣(かいふとしき) バブル崩壊とその影響について
58 カウフマン報告 過度経済力集中排除法
59 カジノ資本主義
60 片岡直温 金融恐慌
61 片山哲内閣 戦後インフレーションの対応について
62 GATT
63 加藤高明内閣
64 加藤友三郎内閣
65 過度経済力集中排除法 財閥解体の意義について
66 株式会社制度 企業勃興と1890年恐慌について 企業勃興、1890年恐慌
67 株式時価発行 エクイティファイナンス
68 株仲間
69 貨幣制度調査会 金本位制について
70 貨幣地代
71 貨幣法 金本位制について
72 釜石製鉄所 近代産業発達期の産業成長について
73 ガラ紡
74 ガリオア資金 エロア
75 川崎正蔵 近代産業発達期の産業成長について
76 為替会社
77 官営模範工場
78 官業払下げ
79 関税改正
80 関税定率法 高橋財政
81 環太平洋経済連携協定
82 神田浩平 地租改正の意義について 壬申地券、地租改正
83 関東大震災
84 菅直人内閣
85 カンバン方式
86 かんぽ生命保険
87 管理通貨制
88 生糸輸出
89 機械工業振興臨時措置法
90 企業合理化促進法 シャウプ税制
91 企業再建整備法 会社経理応急措置法
92 企業集団 戦後企業集団と形成とその意義
93 企業勃興
94 技術革新 高度経済成長の要因と終焉について
95 QC運動 会社主義
96 教育基本法
97 恐慌 1890年恐慌、1920年恐慌、昭和恐慌
98 競争原則
99 協定関税制 関税改正
100 共同体
101 極東委員会(FEC)
102 居留地貿易
103 金解禁 金本位制について
104 金銀比価
105 銀行合同・合併
106 銀行法 銀行合同・銀行合併、金融恐慌
107 金本位制 井上財政、高橋財政
108 銀本位制
109 金融機関経理緊急措置法 石橋財政
110 金融機関経理緊急措置法 石橋財政
111 金融恐慌
112 金融緊急措置令 戦後インフレーションの対応について
113 金融健全化法 バブル崩壊後の金融機関改革について
114 金融再生プログラム
115 金融再生法 バブル崩壊後の金融機関改革について
116 金融先物取引法
117 金融自由化
118 金融商品取引法 会社法
119 金融制度調査会 金融ビッグバン
120 金融統制団体令
121 金融ビッグバン
122 金輸出禁止
123 金輸出再禁止
124 金禄公債
125 久原商事 1920年恐慌
126 グルー
127 グローバリズム
128 グローバリゼーション
129 軍工廠
130 軍財抱合
131 軍需会社法
132 軍需工業
133 軍用自動車補助法
134 計画造船
135 経済安定9原則 ドッジ・ライン
136 経済安定10原則
137 経済自立5ヵ年計画
138 経済新体制確立要綱
139 経済統制
140 傾斜生産方式
141 系列
142 ケナン
143 健康保険法
144 原始的蓄積
145 兼二浦製鉄所
146 原発事故
147 小泉純一郎内閣 小泉内閣の内容
148 航海奨励法
149 鉱業条例
150 公債日銀引受発行
151 工場委員会
152 工場払下概則 財閥
153 工場法
154 厚生年金保険法
155 構造改革 小泉内閣の内容 小泉純一郎内閣
156 構造改革特区
157 高度国防国家体制 経済新体制確立要綱
158 合理化カルテル
159 国際金本位制 健康保険法
160 国民健康保険法
161 国民所得倍増計画 経済自立5ヵ年計画
162 国民年金法
163 国務・陸軍・海軍三省調整委員会 FEC230
164 国立銀行条例
165 小作争議 地主制の変遷について(寄生地主の誕生 → 1920年代の衰退 → 戦時による没落)
166 小作調停法
167 小作地率
168 小作法
169 小作料統制令 地主制の変遷について(寄生地主の誕生 → 1920年代の衰退 → 戦時による没落)
170 国家総動員法
171 近衛文麿内閣 財政経済3原則
172 五品江戸廻送令
173 米騒動
174 雇用保険法
175 在外正貨
176 在華紡
177 財産税
178 再生可能エネルギー買取区別措置法
179 財政経済3原則
180 財政法
181 財テク
182 斎藤実内閣
183 歳入補填公債
184 財閥
185 財閥解体 独占禁止法、過度経済力集中排除法、財閥同族支配力排除法
186 財閥同族支配力排除法 財閥解体
187 財閥の転向
188 堺屋太一 小渕恵三内閣
189 座繰 製糸業の発展について
190 サッチャー
191 佐藤栄作
192 サブプライムローン
193 三貨制度
194 産業革命
195 産業空洞化
196 産業再生機構
197 産業再生法
198 産業資本
199 産業報国会
200 サンフランシスコ講和条約

 

 

投稿日:

執筆者: