インド プネー日記

プネー日記 プネーはどんな街? 【写真多数】

投稿日:2018年4月8日 更新日:

こんにちは!

プネー日記の第2話です!

今日のテーマは プネーはどんな街? です。

 

写真もたくさん載せています!

転載歓迎ですが、出典も載せてくださいね!

 

プネーのホテルはこちらから予約できます (Booking.com)

 

トリバゴの方が使いやすい&安心の方も多いでしょうか↓

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ

 

 



 

 

プネーはどんな街?

 

私はインドの西部にあるプネ―という街で仕事しました。

 

プネ―は多くの海外企業が進出している街の1つです。

学術都市であるプネーは「インドのオックスフォード」と称されることもあるほどで、治安もインドで一番良いといわれています。

 

私自身、身の危険を感じることは全くなく、夜も自由に歩き回っていました。

 

現地で知り合った日本人女性も、夜でも一人で出歩くことができると言っていました。

インドではお酒を飲む人が少ないため、酔っぱらいの多い夜の日本の街よりもよっぽど安全ですね。

 

 

プネーの治安は?

 

住みやすい気候

インドの季節はHOT、HOTTER、HOTTESTの3つしかないといわれます。

プネーは標高が高いためインドの中でも比較的涼しく湿度も低い住みやすい街です。

 

それでも熱いんですけどね。

 

ただ、私が行った10~12月は寒いくらいでした。朝晩は長そでを2枚ほど着ていましたね。


 

最大の経済都市ムンバイのおひざ元

インド最大の経済都市ムンバイに近いです。

車で3時間ほどです。

大阪から和歌山くらいですか。

脱線しますが和歌山にもたくさんパンダがいるので見に行ってくださいね(笑)

 

 

日本語教育水準の高さ

日系企業としてはもう一つメリットがあります。

日本語教育でトップのプネ―大学があるため優秀な日本語話者を獲得しやすい街です。

 

インドで日本文化に接している人を見つけるのは難しいです。

英語が話せる人が多いためアメリカやヨーロッパの文化が多く入っています。

特にインド西岸は、アジアというよりもヨーロッパという自意識が強くレストランに行けば最新の洋楽がかかり、家では洋ドラマを見るのが普通です。

 

ハリウッド映画も吹き替えなしで見れるため日本より公開が早いです。

もちろん、インド国内の文化であるヒンディーミュージックやボリウッド(インドの映画)は大人気ですが、海外文化は欧米のものばかりです。

一般の人は日本文化をほとんど知らず、当然AKBなんて聞いたことありません。

(ただ、最近はMUM48(ムンバイ48)の募集が始まったそうですが。)

 

このようなインドの環境の中でも日本語で仕事をしたがる日系企業がとても多いです。

そのため多くの企業が優秀な日本語話者の獲得に力を入れていますが、日本語話者はインドにおいてかなり少ないのです。

そのためプネー大学のように優秀な日本語話者を獲得できる環境はとても貴重です。




 

日本との経済協力

日本とインドは経済面での連携においても高まりを見せており、インド初の新幹線の建設が決定しました。

 

インドの田舎のインフラはまだまだ未発達で道路の整備も進んでいません。

そのため都市間の移動は困難で、陸路での移動には日本の3倍は時間がかかってしまいます。

どうやら日本は国をあげてここの獲得に動いているようで、それに伴い日本語教育の需要の高まりを見せているようです。

 

日本語ができる・日本式の働き方ができるということに価値があるという環境が徐々にですが広がっています。

 



 

プネーの日常 写真集

 

街並み・日常

すごい乗車率

思わず写真撮ってしまいました

 

これはチャイ屋さん

20円くらいでのめたはず

 

 

 

 

これはサービスエリア的なところ

 

お魚も売っていました

さすがに購入はできませんでしたが…。

 

宗教系

 

街のあちこちにはヒンドゥー教寺院があります

ガネーシャ像もそこら中に

 

 

これはその中でもプネーで最も有名な寺院です

名前忘れちゃいました、、、

シャニワルワダという宮殿のそばにあります

 

これはなんだったかな…(笑)

 

最古の石窟寺院です

一枚岩を掘り進めて作ったそうな

 

名前は忘れました、、、

 

 

そこにいたなんかかわいい像

 

岡山公園

岡山公園です

実は岡山とプネーは姉妹都市



コロニー

高給マンション街です

コロニーと呼ばれ入り口には門番がいます

金持ちしか住めません

中にはプールもジムもなんでもあります

 

コロニーの前はちょっとしたマーケット状態

 

意外?!結構夜もキラキラ

 

有名なレストランです

おいしかった

 

ぶれぶれだけど

高速道路も光る

 

ショッピングモール

 

こういう大きなショッピングモールがいくつかあります

その周りは賑やかな感じでしたね

中の商品は日本と同じくらい高いです

 

ダイソーの商品が人気

これはほんとに許可もらってるのかな?(笑)

 

バーガーキングですね

牛はないので主に鳥です

ベジタリアンメニューもあったな

 

なぜかピンポン!

 

その他

 

デ…ディズニーランド??確かに書いてある

 

軍事施設が多い街でもあります

 

やたら綺麗な景色

イギリスの影響で洋風なインフラも多いです

パーンです

軽食ですね

この葉っぱにいろんなものをまいて食べます

 

お気に入りの一枚

かわいい間抜け顔

飼い犬なので病気は大丈夫

おとなしかった

 

 

-インド, プネー日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インドで必ず入れるべき3つのアプリと使い方

今日はインドでは必ず使う&#12 …

インド光と闇の祭典 ディワーリー をプネーで!

こんばんは、モンテです! &nb …

インドに行く前に読むべき3つの本

モンテです       ついに、&#1245 …

一番楽なタージ・マハルへの行き方 検証

どうも、モンテです。   今&#26 …

プネー日記 インドのワークスタイル

こんにちは! 第三回になり&#1 …