マクロ経済 ミクロ経済 大学院受験 日本経済史 欧米経済史 経済学 経済政策 統計学・計量経済学 財務会計

経済学大学院入試にオススメする教材 経済学の院試向け教材

投稿日:2019年9月7日 更新日:

欧米経済史

 

大学受験レベルからやり直す場合

 

実は、久しぶりに障るとかなり忘れていました。

世界経済史という時代的にも地理的にも幅広い範囲を扱うので、やり直し(思い出し作業)が必要でした。

 

神様教材の前に、基礎からやる方向けにご紹介しましょう。

 

何の本でもいいんですが、下のような簡単に読める本で概要を思い出すのはいいと思います。

実際に私が利用したのはこれではないですが、教科書レベルを知っておくと近年の研究による変化がわかりやすいです。

あまり時間かからない本がおススメです。

 

 

 

結構単語が抜けていることもあり、山川の用語集も使いました。いやぁ懐かしい。

辞書代わりにずっと横に置いておきましょう。これは最後まで使う。

 

 

それから論述が苦手な人向けにはこちらをおすすめ。大学受験ではお世話になりました。

 



神様教材とした書籍

 

はい、その上で神様教材のご紹介です。

 

欧米経済史は神様が二人いたので困りました。(笑)

どちらも一生懸命覚えましたよ。

 


奥西 孝至,ばん澤 歩,堀田 隆司,山本 千映  「西洋経済史」

 

 

京大・阪大教授が担当されているので、対策にはいいと思います。

これさえ理解できれば大概準備できるかと。

 

ただ一橋大学は割と癖があったなーという印象でした。これだけでは厳しいかも。

 

参考までに内容は下の通り

西洋経済史 試験対策ノート4 ヨーロッパにおける工業化の始動

 


馬場 哲廣田 功他 エレメンタル欧米経済史

 

 

表紙が怪しいとか言っちゃってすみません。内容はかなり良かったです。

 

東大のシラバスにもありました。使われてるんですね。

 

上で書いた「西洋経済史」が時系列が行ったり来たりするので少しこんがらがることがあります。

時系列で理解したいときに非常にわかりやすかったです。

 

参考までに下の通り。

 

エレメンタル欧米経済史 中・近世1 封建社会



財務会計

 

財務会計は正直これ一本で行けると思いました。

すみません、実は詳しくないんですが、京大は多分大丈夫

 

神様教材とした書籍

 

財務会計は正直底まで詳しくないです。

仕事で会計触れていたので、行けるかなと思ったのですが、実学と学問は別だなという印象を受けました。

それでも下の教材を丸ごと理解してしまうことで、何とかなったと思います。

 


桜井久勝 財務会計講義

 

公認会計士さんとかもはじめの一歩に使っている超定番。

基礎から応用まで載っています。

 

 

ベースはここで学んで、その上で各大学向けの対策をすればいいと思いました。

私はぶっちゃけこの本だけで挑みました。

 

ご参考までに内容は下の通り

 

財務会計講義1 財務会計の機能と制度

 

神様教材補足した書籍

 

これは京大向けです。

京大の教授が書いた本なので。

 

 

どこに重きを置いているかわかりやすかったです。

新しい論点があったので良かったです。

 

というか、名前が「入門財務会計」のくせに、めちゃめちゃ難しいですよ(笑)

 

 

 

東大では下の本がいいと聞きました。

 

 

私も一読しましたが、どっちがいいとかではなく、大学の色が出ている気はしますね。

それであれば、京大は藤井先生の入門財務会計でよいと思います。

 



 

 

ミクロ・マクロ、その他は次のページ

> 前のページへ  > 続きを読む 

-マクロ経済, ミクロ経済, 大学院受験, 日本経済史, , 欧米経済史, 経済学, 経済政策, 統計学・計量経済学, 財務会計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミクロ経済学の力のまとめ2 企業行動の理論

神取道宏 ミクロ経済学の&#21 …

西洋経済史 試験対策ノート10 EUへの道

西洋経済史 奥西孝至 の&#35 …

エレメンタル欧米経済史 近代1 産業革命

欧米経済史の入門です。 よ&#1 …

西洋経済史 試験対策ノート 序章 古代から中世へ

西洋経済史 奥西孝至 の&#35 …

概説日本経済史試験対策ノート17 平成不況

概説日本経済史 三和良一&#12 …