ビール ベルギー ベルギービール 旅行

ベルギー旅行を楽しくする ビールの雑学

投稿日:2019年10月20日 更新日:

今回は、ベルギー旅行を楽しくする ビールの雑学 についてご紹介します。

 

ベルギーと言えばベルギービールですよね!

ガイドブック見ると、たくさんの種類が説明してありますが、今日の目標は自分好みのビールを選べるようになることです!

 

ビールというとキリンとアサヒしかわからないという人も多いと思いますが、日本のビールは基本的に全てピルスナーという種類なんです!

ペールエール、ヴァイツェン、IPAなどなど。

 

ビールが苦手な方でも飲めるものもあると思うので、ぜひ参考にしてください。



※お酒は20歳を過ぎてから!

※飲酒を勧める記事ではありません。お酒は人体に有害です

 

 

ベルギー旅行を楽しくする ビールの雑学

 

ビールの歴史

 

ビールは紀元前3000年のメソポタミアで生まれました…、ってだいたいここから始まるんですが、そんなに古いこと興味ないですよね(笑)

 

ヨーロッパの話をしましょう。

ただ、すごいなと思うのは今も昔もビールの原料と水、麦、(ホップ)なんですよね。それなのにあんな色々な味わいになるとはすごいですよね。

 

ヨーロッパでビールは健康品だった?!

 

ヨーロッパにおけるお酒はもともとワインでした。古代ローマの人がワイン飲んでるイメージありますよね。

しかし、北の方では寒くて葡萄(ぶどう)が取れません。そこで葡萄がない地域では麦を使った酒=麦酒(ビール)を作るようになりました。

 

さてさて、ビールって作る時に一度水を沸騰させる必要があります。今でこそわかりますが、昔の水は汚いので沸騰させて殺菌すると安全・安心ですね。昔はよくわかっていなかったので、ビールにするとなんか安全だなと考えられていました。ビールは神様が与えた飲み物と考えられていました。

病人にビール与えたりしてたそうですよ!びっくり!

また酵母の働きもちゃんと解明されていなかったので、奇跡の一つと考えられました。シュワシュワした感じですかね。

 

そのため修道院でよく作られました。

そして、人々に水よりもビールを飲みなさいと教えたわけですねー。へーーー。

 

これが今でもベルギービールが修道院でよく作られるもととなっています。

 

ベルギービールの歴史

 

ベルギーには450種類以上のビールがあります。

 

ベルギーは小さい国ながら商業の中心だったため様々な国から支配されます。ナポレオンのフランスやオランダ、ドイツなど。そしてそのたびにれ文化や言語で大きな影響を受けました。同様に食文化も影響を受けたことがベルギービールの多様性を生み出したのではないかと言われています。

 

14世紀にブリュッセルでビール醸造業ギルドが結成され、1689年グランプラスにメゾン・デ・ブラッスールが建てられました。これがいまのビール博物館。ビール好きはぜひ訪れたいところですね。

 

ベルギーで特に有名なのは、「修道院ビール」または「トラピスト・ビール」と呼ばれるもの。

トラピスト・ビールはトラピスト会修道院で作られたものに限るなどの厳格な条件があります。全部で7個あるうちの6か所がベルギーにあります。(一つがオランダ。)

修道院ビールは修道院とは関係ない商業的なビールもある。もちろん修道院関連のものもある。「レフ」が一番有名。

 



 

このように各国・地域・家庭で様々なビールが作られるようになり、特徴的なビールの種類(スタイル)が誕生していくのです。

 

では、ここからはビールのスタイルがどのように生まれたのか、そしてどうやって自分好みを見つけるのか、をご説明します。

 

と思ったら、ここまででだいぶ長くなってしまったので、記事を分けました。下の記事へどうぞ。

 

3分でわかる! ベルギービールの種類と選び方

 

日本でベルギービールを楽しめるお店はこちら

 

東京でベルギービールを楽しめるお店はこちら。

・デリリウムカフェ 赤坂店 銀座店

 

アントワープセントラル

 

大阪でベルギービールを楽しめるお店はこちら

 

なかい

 

ドルフィンズ

 

参考資料載せておきます

 

ビールの歴史

 

ビールの歴史

 

ビールの図鑑

 

 

地球の歩き方にも最低限は書いてありますよ

 

 

ちなみにビール検定というのもあります。どなたか一緒に受けませんか?(笑)

http://www.beerken.com/

 

※お酒は二十歳になってから!あまり飲みすぎないこと!

-ビール, ベルギー, ベルギービール, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一番楽なモン・サン・ミッシェルへの行き方 検証

ここでは、 一番楽なモン・サン・ミッシェルへの行き方 を検証しましたので、見ていってください。 目次1 一番楽なモン・サン・ミッシェルへの行き方 検証1.1 ツアーで行く1.2 自力で行く (電車+バ …

フランスツアー会社 みゅう を使ってモンサンミッシェルへ行った感想

フランス有数の観光地!モンサンミッシェルに みゅう さんのツアー旅行で行ってきました!   残念ながら雨で、ラスボスが住んでそうなとこになっていました。   モンサンミッシェルは電 …

【写真で紹介】イタリアでしか食べれない ブラッターチーズ をローマで食べる!

どうもモンテです!   みなさん ブラッターチーズ ってご存知ですか? 私はTwitterで過去にこのツイートを見かけてからずっと食べたかったんです。   2015年ですね。3年越 …

一番楽なタージ・マハルへの行き方 検証

どうも、モンテです。   今日はインド最大の観光地、タージ・マハルのあるアグラへの歩き方を紹介します! 世界7大遺跡とも言われる中の一つ、タージ・マハルですが、そのアクセスは実に不便。 飛行 …

フランス旅行の不安 を解消! 実際の体験談をまとめてみた

フランスに行きます!でも、フランス旅行の不安 って調べると「行ったことないんだろうなー」というまとめ記事ばかり見つかって鬱陶しい、検索しにくくなっていますよね。 同じ内容を複製しただけのまとめ記事って …