マクロ経済 ミクロ経済 経済学

1時間でわかる経済学入門 ミクロ経済学とマクロ経済学の基礎

投稿日:

経済学入門として ミクロ経済学とマクロ経済学の基礎 だけを扱ってみます。

 

本当は経済学がどう変化してきたかもいるとは思いますし、あれやこれやきりがないのですが、まずはここを抑えてもらうのがいいかなと思います。

学部入学したてや復習、経済学に触れてこなかった社会人に対して、一読してもらえればなんとなくわかった気になるレベルのページを目指しています。

 

おすすめは、マンキュー入門経済学 です

 

 

これ1冊でミクロとマクロの基礎がなんとなくわかるとともに、章立てがミクロ、マクロの教科書につなげやすいです。

他の本だとトピックが結構バラバラしていて、レベルを上げていくのが難しいので、これがいいかなと。



また著者の前書きが好き。

「大きい本、大いなる退屈」

コンパクトにまとめることを意識されています。

 

ミクロ経済学とマクロ経済学の基礎

 

参考書

 

先に参考書の紹介で申し訳ないですが、こんな感じでつなげやすいですよってことです。

中身を読みたい方はさっさと次のページへジャンプしてください。

 

ミクロ経済学 おすすめの教材

 

ミクロ経済学は慣れてきたら、下の教材にレベルアップしていくのがスタンダードな感じですね。

院試までだいたいこれでカバーできるような印象。(院試でミクロ・マクロは使っていないですが…。)

 

大学で指定のものがあればそれでもいいですが、読みやすかった順に並べておきますね。

 

 

 

 

演習は武隈ミクロがおすすめ。

「武隈ミクロの問題が出ても解けないのは自分だけだと思え」みたいな格言をちらっと聞いたような?



マクロ経済学 参考書

 

こっちも読みやすい順に

 

 

 

> 続きを読む 

-マクロ経済, ミクロ経済, 経済学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事