ミクロ経済 経済学

ミクロ経済学の力のまとめ2 企業行動の理論

投稿日:

 

 

企業行動の理論

 

生産要素が2つの場合の企業行動

 

生産要素間の代替と技術的限界代替率

 

生産要素間の代替
例)引っ越し業でy=10件の引っ越しをするにはK(トラック)をたくさん使う方法もあれば、L(労働)を増やす方法もある。労働を増やしてトラックを節約する方法は、「資本を労働で代替する」ことになる

 

技術的代替率:上の例で、労働を1単位増やすことで節約できる資本の量を技術的限界代替率と呼ぶ。

 

利潤最大化

 

利潤最大化は以下のように表される

π=py-wL-rK

rは資本Kを一期間使用するための費用

 

利潤と所得分配 なぜ所得格差が生まれるのか

 

ここまでで下の問いに対する興味深い洞察がある

①利潤はなぜ生まれるのか

②高い所得を得るのはどんな人か

 

利潤はなぜ生まれるか

 

y=F(L,K)

ここで、「規模に対する収穫」の定義を思い出す。

 



規模に対する収穫

全ての生産要素の量がt>1倍になった時

・生産物もちょうどt増える → 収穫一定

・生産物がt倍より多く増える → 収穫逓増

・生産物がt倍未満 → 収穫逓減

なので、収穫逓増があるとコストが下がるので市場は独占されやすい。

したがって、完全競争と両立するのは収穫逓減か収穫一定の時のみである

 

市場メカニズムでの所得分配

ここから、完全競争的な市場では、各人は自分の所有する生産要素の限界生産物の価値に従って所得の分配を受ける

 

つまり、

1)市場で高い価格がつくものを生産するのに役立つ生産要素を持ち

2)その生産要素を持っている人が少ない

ような人が多く分配を受ける。

 

> 前のページへ 

-ミクロ経済, 経済学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

概説日本経済史試験対策ノート2 幕末の経済と開港

概説日本経済史 三和良一 の試験対策ノートです。 幕末の経済と開港 日本経済史 の勉強にどうぞ     目次1 幕末の経済と開港1.1 鎖国下の経済構造の変化1.2 世界資本主義と …

開発経済学の基礎 2 途上国が直面している問題とメカニズム

モンテです。今日は 途上国が直面している問題とメカニズム をご紹介します。     参考はこちら     開発経済学の他の教材はこちらでおすすめしてます 開発経 …

開発経済学の基礎 3 問題解決のための 開発戦略や開発政策

モンテです。今日は 問題解決のための 開発戦略や開発政策 をご紹介します。     参考はこちら     開発経済学の他の教材はこちらでおすすめしてます 開発経 …

現代の経済政策テスト対策ノート10 食料・農業政策

現代の経済政策 田代洋一・萩原伸次郎・金澤史男 試験対策ノート 食料・農業政策             目次1 食料・農業政策1.1 第一部 …

中谷マクロのまとめ マクロ経済学における「短期」と「長期」

マクロ経済学入門書として長いこと君臨している、中谷マクロ(中谷巌 入門マクロ経済 第5版)を自分なりにまとめてみました。   Part.1-Ch.3 マクロ経済学における「短期」と「長期」  …