経済学 開発経済学

開発経済学の基礎 1 貧困削減へのアプローチ

投稿日:

1人当たり所得と貧困・不平等

 

なぜ一人当たり所得か?

 

・幸福を測るための基本的な指標を一人当たり所得と考えられている

・予算制約線から説明できるがここでは省略

 

1人当たり所得からこぼれ落ちるもの

 

問題点①:金銭を伴わない取引が算入されない

  1. 自分で作ったものなど → 帰属計算による修正
  2. 外部性の評価ができない(環境汚染など) → グリーンGNPによる修正



問題点②:所得だけが生活水準を決めるわけではない

 

・一人当たり所得は様々な財の消費可能性を決めるだけで、その可能性が十分に実現されているとは限らない

 

・この点に関して重要な理論的貢献をしたのが、アマルティア・センである。

・彼は、ある人の厚生水準を潜在能力(その人が利用可能なすべての機能)によって評価すべきであると主張した。

・潜在能力とは、どのようなことができるか(doing)、どのような状態でいられるか(being)、からなる機能(functionings)の集合体。

・この影響かでできた指標が人間開発指数(Human Development Index)

 

問題③:平均だと平等かどうかわからない

 

・1人当たり所得が高くでも分配がうまくいってない場合、不平等である

・この指標としてはジニ係数が使われる

 

 

さて、ここまでは、概要でしたが次のページでは、データの計測手法を紹介する

 

> 前のページへ  > 続きを読む 

-経済学, 開発経済学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

現代の経済政策テスト対策ノート4 経済政策の現代理論

現代の経済政策 田代洋一・萩原伸次郎・金澤史男 試験対策ノート 経済政策の現代理論   目次1 第4章 経済政策の現代理論1.1 第一部 経済理論における多様な国家の役割1.2 第二部 石油 …

財務会計講義10 負債

日本一読まれている財務会計テキスト で有名な 桜井久勝さんの財務会計講義をまとめていきます。   スマホで見れるノートとしてご利用ください。   今日は第10章 負債   …

no image

中谷マクロまとめ インフレとデフレ

マクロ経済学入門書として長いこと君臨している、中谷マクロ(中谷巌 入門マクロ経済 第5版)を自分なりにまとめてみました。   Part.3-Ch.10 インフレとデフレ はここだけ抑えればO …

西洋経済史 試験対策ノート 序章 古代から中世へ

西洋経済史 奥西孝至 の試験対策ノートです。 古代から中世へ 西洋経済史 の勉強にどうぞ   目次1 西洋経済史2 古代から中世へ ヨーロッパ市場社会の形成2.1 ヨーロッパの特徴2.2 古 …

西洋経済史 試験対策ノート5 さまざまな工業化 1 地域工業化論

西洋経済史 奥西孝至 の試験対策ノートです。 西洋経済史 の試験対策ノートです。 地域工業化論 さまざまな工業化   以下の教材をまとめています。     試験直前などに …