アントウェルペン

投稿日:

15世紀末からライン川・バルト海・イギリス・南ドイツ・イタリア・スペイン・ポルトガルなどをつなぐ貿易の拠点となった。自由な取引ができるということで重要性を増した。アントウェルペン取引所では手形の裏書なども行われ、決済における利便性が高まった。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事