イギリスの衰退

投稿日:

19世紀後半、ドイツ・アメリカの伸長の一方イギリス経済は相対的に停滞した。この理由は第二次産業革命への対応の失敗と考えられる。イギリスでは投資家や企業化が旧産業に固執した。すなわち①企業が新技術導入に積極的ではなかった、②向上における動力に電気導入が遅れた、③不況下で利益薄だった石炭業の近代化を見送った、④科学教育・技術教育が遅れた、⑤家族経営に留まった

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事