ロバート・アレン

投稿日:

農業革命の因果関係が逆だと主張する学者。農業革命の通説は、囲い込みなどの経営規模大型化 → 効率的な農業による労働力減少 → 都市の発展 → 経済成長 だが、これは因果関係が逆だと主張した。商工業の中心である都市が先に発展し、それに合うように農業が発展したと主張する。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事